大阪府立大學

電気電子システム工學課程

電気電子系學類 電気電子システム工學課程

電気電子システム系複合領域の次世代革新技術を創出します。

自然?社會環境に適応したエネルギーシステムやエコカー、人のように滑らかに動くロボット、あらゆる情報にいつでも?どこでも?だれでも瞬時にアクセスできる光?無線技術の融合された次世代ネットワークやマルチメディア応用システム、効率的に製品を生み出す生産システムなど、幅広い分野にまたがって、快適な日常生活を支える次世代革新技術を創出する分野の教育と研究に取り組んでいます。

授業科目

  • 電気電子システムプログラミング
  • 電気回路
  • オペレーションズリサーチ
  • 電気電子計測
  • パワーエレクトロニクス
  • 電力工學
  • 制御工學
  • 生産システム
  • 通信システム
  • 光波電子工學
  • 符號理論
  • 通信工學特殊講義 等
  • 電磁気學
  • 電子回路
  • ディジタル信號処理
  • 電気機器工學
  • エネルギー工學
  • 電力システム工學
  • システム最適化
  • 通信網工學
  • 電磁波工學
  • 情報理論
  • 電気応用設計および演習

教育目的、教育目標、ディプロマ?ポリシー、カリキュラム?ポリシー

電気電子システム工學課程の教育目的
電気電子システム工學課程の教育目標
電気電子システム工學課程のディプロマ?ポリシー
電気電子システム工學課程のカリキュラム?ポリシー

課程の學びについて

綿密な理論と大膽な発想ハードとソフトを自在にあやつる技術者?研究者の育成を目指し─

太陽光?風力発電出力特性測定

太陽光?風力発電出力特性測定

オフィスでも家庭でも、いつどこにいてもネットワークの恩恵を受けられるようになってきました。ネットワークをより高速に、大容量化し、様々な電気システム、生産システムと接続し、より良い社會生活基盤を構築していくためには學域で學んだ基礎知識をもとに、時代が求めるニーズに対応するだけではなく、ニーズを創り出す専門知識と常に最先端の情報収集が大切です。この敏感なアンテナを養成していくのも本課程のテーマです。
本課程では、ソフト、ハード両面にわたる電気、情報、通信から生産に至るシステムの設計?計畫?運用を體系的に理解し、実踐できる人材を育成すると同時に、自然環境との調和やネットワーク技術を重視した研究活動を通じ、インテリジェントネットワーク社會をリードする研究開発を行います。

光IPネットワークの実験

光IPネットワークの実験

小型協調移動ロボットの実験

小型協調移動ロボットの実験

高速光A/D変換デバイスの特性評価

高速光A/D変換デバイスの特性評価

電気自動車の実験

電気自動車の実験

TOPICS
メガソーラーへの期待と導入への課題

メガソーラー

近年、環境問題への関心の高まりから太陽光発電に注目が集まっており、わが國でも將來に向けた導入目標が決定されています。その反面、導入実績ではまだまだ足りない狀況であり、目標値を達成するためにはこれまで普及の中心であった家庭用太陽光発電システムに加えて、メガソーラーの導入が必要とされています。しかし、太陽光発電の出力は、周囲の気象狀況に影響を受けて変動してしまう可能性があるため、安定供給という使命を負っている電力會社にとってはメガソーラーの導入量が増えるほど電力品質を確保することが難しくなります。
これらの課題に対して、メガソーラーが導入された電力系統の安定度?供給信頼度の評価や、蓄電池などの分散型電源と組み合わせたマイクログリッド、通信網と組み合わせたスマートグリッドなどの研究が重要となってきます。私たちはこれらの研究を通して環境問題や社會貢獻に取り組んでいます。

関連サイト

電気電子システム工學課程/電気情報システム工學分野 Webサイト

  • 特徴
  • スケジュール
  • 卒業生の進路
  • 研究室紹介
?
草蜢社区在线观看免费下载