大阪府立大學

分子科學課程

「化學」をキーワードに、新しい分子の設計?合成と性質の解明、新しい化學反応の開拓にとりくみます。

分子科學は、「化學(Chemistry)」をキーワードとして、さまざまな物質の構造と性質およびそれらの相関関係を実験と理論の両面から解明し、100種類あまりの元素を自在に活用して、新しい化學反応の実現と優れた機能を持った物質の設計?創造に取り組む、あらゆる先端科學の基盤となるサイエンスです。また、資源、環境、エネルギーといった人類が直面するさまざまな課題を解決するうえで中心的役割を果たすものと考えられています。分子科學課程では、無機化學、有機化學、物理化學などを中心に物質そのものの科學である化學を學びます。フレッシュな感性と知的好奇心に満ちたみなさん! 化學を學ぶ楽しさや未知の現象を発見する感動を私たちと共に味わってみませんか?

學びについて

分子科學課程では、無機化學?有機化學?物理化學、分析化學などを中心に、物質そのものの科學である分子科學を學んでいきます。約100種類の元素がさまざまに組み合わさって構成される分子たちの示す多彩な構造や性質を、個々の事実の単なる羅列として暗記するのではなく、「なぜこのような構造をしているのか」、「どうしてこのような機能?性質が現れるのか」を考え、理解することを重視しています。さらにそれらを踏まえて、學域4年次の卒業研究では、新しい構造や性質を有する分子の設計と合成、新しい化學反応の開拓、分子の示す性質の理論的解明といった最先端の研究に取り組みます。
授業では、講義?演習に加えて豊富な実験メニューが準備されており、教科書に取り上げられている化學反応や現象を実際に體験しながら學んでいくことができるようになっています。これらの科目を履修することを通して、分子科學はもとより、さまざまな関連分野や応用領域へ踏み込んでいくことのできるしっかりとした基礎力を身につけるとともに、「論理的な思考力」と「明快にコミュニケーションを取る能力」とを鍛錬するカリキュラムが編成されています。
「明快にコミュニケーションを取る能力」のトレーニングでは、ツールとしての英語力とその基盤となる國語力とをとくに重視しています。化學の英文テキストや英語化學論文を読んで內容を的確に把握し、分かりやすい日本語で表現する訓練を、2年次から4年次まで継続的に実施します。
4年次での卒業研究を終えると卒業生の大部分は大學院に進學します。大學院には分子科學課程での教育プログラムと密接に連攜した大學院分子科學専攻のカリキュラムが整備されています。學域4年次と大學院(博士前期課程?後期課程)とを通じて最先端の分子科學研究に攜わりつつ、高度な専門知識と技術とを身につける體制が整えられています。

創薬科學副専攻

全學域生向け副専攻として開設する「創薬科學副専攻」の運営に協力します。

「創薬科學副専攻」は、現在急成長を遂げている創薬研究?開発事情に対応し、國內外の製薬企業で活躍できるグローバルな創薬研究者、特に「バイオ醫薬品」開発に従事できる優秀な人材の養成を目的に、最先端の醫薬品開発に必要となる知識と技術を、學域の枠を超えて分野橫斷的に提供する教育プログラムです。

教育目的、教育目標、ディプロマ?ポリシー、カリキュラム?ポリシー

分野

分子創製科學 有機分子を合成する新しい化學反応の開拓と応用、生物活性を有する天然有機化合物の合成研究、フッ素化された化合物の合成と応用などの研究を実施します。
分子機能科學 有機金屬クラスター錯體の創成と反応性、不斉合成などの精密有機合成反応や効率的化學反応の開発、新しい機能性有機分子材料の開拓と物性解明などの研究を展開します。
分子解析科學 理論計算による分子の電子狀態や性質、化學反応の解明、複雑な分子集合體や機能性材料の理論的研究、質量分析法による原子?分子?イオンの性質の解明などを研究します。

カリキュラム

取得できる免許?資格?受験資格

  • 中學校教諭一種免許狀(理科)
  • 高等學校教諭一種免許狀(理科)
  • 甲種危険物取扱責任者(受験資格)
  • 毒物劇物取扱責任者

卒業後の進路について

  • 大學院への進學
  • 化學系を中心に電子材料、製薬、化粧品、電器、機械などの各種企業

関連サイト

?
草蜢社区在线观看免费下载