大阪府立大學

平成30年度理學系研究科公開セミナー「計算アーキテクチャーと素因數分解」

平成30年度理學系研究科公開セミナー「計算アーキテクチャーと素因數分解」
開催日
2019年3月2日(土)14時~16時
開催場所
中百舌鳥キャンパス
A12棟 サイエンスホール

中百舌鳥キャンパスのアクセス

2019を3×673という素數の積に分解する計算は素因數分解と呼ばれ、小學校の算數で學習するおなじみの問題です。2019のような小さな自然數であれば暗算でも素因數分解できますが、20190302(=2×11×11×83481)や2019030214(=2×18947×53281)のような大きな自然數に対しては、暗算は厳しくなり、計算機の出番となります。計算機を使うとどれくらい大きな數の素因數分解ができるのでしょうか。この問いは、數學として興味があるというだけでなく、暗號の安全性とも関係することから、現実の社會にとって重要な問題でもあります。本セミナーでは、計算機を使った場合のいくつかの素因數分解法や、どのような大きさの合成數が実際に素因數分解されているかの記録を紹介するとともに、このような素因數分解法を使ったとしても素因數分解ができないようなもっと大きな合成數について、計算機の計算ルールを変更し、新しい計算アーキテクチャーを利用することで、素因數分解が簡単に解けるようになるかもしれないことを紹介します。具體的には、量子ゲート計算機(いわゆる量子計算機)と、量子アニーリング計算機による素因數分解法と、それぞれの素因數分解法による記録を紹介します。

【プログラム】
13時30分 開場
14時 開會の挨拶(理學系研究科長 溝口 幸司)
14時10分 「イントロダクションー素因數分解はなぜ重要なのか?暗號の視點から」(理學系研究科 教授 川添 充)
14時40分 「計算アーキテクチャーと素因數分解」(株式會社富士通研究所 伊豆 哲也 氏)
15時50分 質疑応答
16時 閉會

関連情報
対象者どなたでもご參加いただけます。
受講料無料
申込期間申込不要
お問い合わせ理學系研究科支援室
Tel 072-254-9161
草蜢社区在线观看免费下载