大阪府立大學

ケインズ學會 公開シンポジウム「多様性の寶庫としてのケンブリッジ學派」

ケインズ學會 公開シンポジウム「多様性の寶庫としてのケンブリッジ學派」
開催日
2019年3月31日(日) 13時~16時30分
開催場所
I-siteなんば
南海なんば第1ビル 2階

I-siteなんばのアクセス

ケインズ學會が大阪府立大學経済學研究科と共催で、公開シンポジウムを開催します。

19世紀末から20世紀中葉にかけてケンブリッジで経済研究を行った集団である「ケンブリッジ學派」は、現代に多様な研究を殘しています。そこで、ケンブリッジ學派のアルフレッド?マーシャル、デニス?ロバートソン、ジョン?メイナード?ケインズの3人の経済學者を取り上げます。

ケンブリッジ大學の教授であったマーシャルとロバートソンの二人は現代経済學の基礎を築きましたが、企業家や企業組織の研究も行い現代の産業や企業分析に多くの示唆を行っています。報告では彼らの企業論を明らかにしていきます。世界恐慌の処方箋の書である「一般理論」を書き上げたケインズは、「確率論」の研究から第2次世界大戦時には戦費調達のためアメリカとの借款交渉と多くの業績を殘しています。ケインズの多様な研究について、報告では金融の側面からとデータ?マイニングの手法から明らかにしていきます。

関連情報
定員50名
対象者どなたでも
受講料無料
申込期間申込不要
當日受付あり
お問い合わせ現代システム科學域?経済學研究科支援室
Tel 072-254-7361
Fax 072-254-9925
草蜢社区在线观看免费下载