大阪府立大學

まちライブラリー@大阪府立大學 アカデミックカフェ「鉄道の津波被害ゼロを目指して―和歌山から発信する鉄道防災教育―」

まちライブラリー@大阪府立大學 アカデミックカフェ「鉄道の津波被害ゼロを目指して―和歌山から発信する鉄道防災教育―」
開催日
2021年9月14日(火)
18時30分~20時30分
受付 18時~
開催場所
I-siteなんば
3階 まちライブラリー@大阪府立大學

I-siteなんばのアクセス

新型コロナウイルス感染拡大の狀況により、本アカデミックカフェは一部変更または中止となる可能性があります。

甚大な津波被害をもたらした東日本大震災ですが、奇跡的に列車乗車中、直接津波で犠牲になった人はいませんでした。紀伊半島沿岸を走るJRきのくに線を持つ和歌山でも、犠牲者を出さない取り組みが重要です。しかし、一般的に防災対策を展開すればするほど「ここは危険な地帯だ」と認識されてしまいます。

そこで「防災と言わない防災」の考えのもと、和歌山初の新しいアプローチとして、豊かな和歌山?南紀熊野の地域資源を學びながら鉄道での避難方法も學ぶプログラム「鉄道防災教育?地域學習列車“鉃學”」を考案し、実踐しています。この“鉃學”の哲學や鉄道防災教育についてお話しします。

カタリスト:西川 一弘 氏(和歌山大學 學長補佐/紀伊半島価値共創基幹 “Kii-Plus” 準教授)

研究分野:社會教育學?生涯學習論/地域交通政策/鉄道防災教育

研究テーマ:地域の問題解決や価値創造を進めるためには「人づくり」が大切です。「當事者」として主體的に行動するためのシステムについて実証的、実踐的に考えています。

持ち物:テーマに沿った本
テーマ:「鉄道」「防災」「和歌山」など

〈アカデミックカフェとは?〉
「本を通じて人と出會う」「自ら主體となって活動する」「ほかの會員との交流を大切にする」という活動趣旨のもと、「まちと人」「人と人」とをつなぐ新しいコミュニティの創造をめざしている「まちライブラリー@大阪府立大學」で、本學教員が、通常の講演や授業とは雰囲気を変えて自身の研究やライフワークを紹介するイベントです。

関連情報
定員15名(先著順)
対象者どなたでも
受講料無料
申込期間定員になり次第締切
申込方法

「Eメール」にて、件名を「鉄學」とし、(1)氏名(フリガナ)、(2)攜帯番號、(3)年齢、(4)この講座を知ったきっかけ、またはチラシの入手先をご記入の上、次の宛先へお申込みください。

Eメール actetsu[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。

(注意)Eメールアドレスは半角英數で入力。PCまたはスマートフォンからお申込みください。

お問い合わせ地域連攜室
Tel 06-7656-0441(I-siteなんば事務所內)
(注意)電話でお問い合わせの際は「アカデミックカフェについて」とお伝えください。
FAX 072-254-6271
Eメール opu-lib[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
(注意)申込み先アドレスとは異なります。
草蜢社区在线观看免费下载