大阪府立大學

研究戦略

研究戦略の概要

  • 複雑化する課題の解決のため、複合型かつ先鋭的な研究力が大學に求められている。
  • そのような背景を踏まえ、本學は地域発世界展開力のある高度研究型大學として、より一層の発展をめざす。
  • そのため、「多様」「融合」「國際」を重點化目標として掲げ、教職協働により目標実現をめざす。

研究戦略

大阪府立大學研究戦略 「高度研究型大學 ―世界に翔く地域の信頼拠點―」

1. 新たな研究戦略の策定にあたって

1-1 これまでの研究に対する取組みと研究組織の改革

創基130年以上の歴史を有する本學は、教育?研究のシナジー効果による「実學」と「リベラルアーツ」の伝統が息づき、「高度研究型大學 ―世界に翔く(はばたく)地域の信頼拠點―」の基本理念と、「多様」、「融合」、「國際」の三つの大切とする視點の下、長きにわたり研究者(教員)個々の研究力を高め、多くの研究成果を社會に還元するとともに、社會を牽引する有為な人材を輩出してきた。

更に強化するため、2005年の大阪府立の三大學の再編?統合と法人化を期に、すべての學部に対応する7つの研究科を新たに設置するとともに、「産學官連攜機構」(後に「地域連攜研究機構」へ再編)を立ち上げ、研究成果の還元により積極的に「社會貢獻」の役割を果たしてきた。

また、バーチャル研究所として「21世紀科學研究所」(後に「21世紀科學研究機構」として部局化)を立ち上げ、分野?部局橫斷型の先駆的で挑戦的な研究を促進してきた。

1-2 更なる研究重點化の必要性

昨今、多國間の人の交流や物流の活発化、そして情報ネットワークの複雑化が進み、人を取り巻く環境は日々変化し続けている。また、文化?教育、科學?技術、産業?経済のそれぞれの研究領域の発展も目覚ましく、かつ深化し、相互に複雑に融合し合うことで新たな研究領域が生まれている。すなわち、人類の恒久的な平和と福祉への貢獻を目指す上での様々な課題は複雑化してきており、その問題の解決には、地球規模の巨視的な観點が必要であり、複合型かつ先鋭型の研究力が、現在の大學には求められている。本學においてもこれまでの各研究科や「地域連攜研究機構」、「21世紀科學研究機構」を通じて進めてきた體制を見直し研究戦略を検討する必要があった。

1-3 研究戦略本部?新たな機構の設立を通じた研究力強化の促進

大學としての研究の強みを分析し、研究力強化に向けた戦略的?組織的対応を推進するため「研究推進本部」を設置し、新たに研究戦略を検討することとした。

また、「地域連攜研究機構」は「21世紀科學研究機構」と融合し、「研究推進機構」に再編した。研究推進機構では、「學域または研究科の枠を超えた分野(部局)橫斷的研究を一層推進することで、産業?経済?文化?教育に貢獻する世界的拠點大學を築くこと」を目標としている。

研究推進機構を、本學の研究力強化のネオエンジンとして機能させることで、各研究科が相互に共調し合い橫斷的研究力を高めるとともに、地域連攜と國際展開力をあわせもつグローカルな視點に立腳した「高度研究型大學」、すなわち、地域発世界展開力のある高度研究型大學としてより一層発展することをめざしていく。

2. 研究戦略

2-1 重點化目標

研究戦略では、これまで進めてきた「多様」、「融合」、「國際」の視點をさらに強化推進することとし、これらをキーワードとする3項目を重點化目標として掲げ、これらを教職協働により、包括的、かつ相互に有機的に連動させることで、地域発世界展開力のある高度研究型大學をめざす。

2-2 重點化目標のポイント

(1)「多様」:社會の課題に対応できる多様な研究力の構築

持続可能な社會の実現のため、基礎から応用までの様々な研究をダイバーシティの観點から発展的に展開し、獨自性の高い研究をより促進させる。すなわち、學外も含めた研究者の英知の結集によりインキュベーションとしての萌芽的研究から社會的ニーズに呼応する実踐的研究を展開することで、革新的な「知」の創出拠點をめざす。

そのため、研究成果を効果的に情報発信し、地域や企業ニーズの掘り起こしによる新たな研究展開をより進め、他の研究機関や企業?地域等と連攜した研究を促進する。

(2)「融合」:分野橫斷的に創出される挑戦的研究の醸成

革新的な「知」の創出拠點から生み出される異分野の研究の融合により、挑戦的な研究領域を新たに構築し、研究者個々の研究力をより一層向上させる。また、理論と実踐を融合した研究をより促進させる。これにより、他の研究機関や企業?地域等とのユニークな連攜體制を作り出し、現代社會において生じる様々な課題解決や従來にないイノベーションの創出に資する。

そのため、本學研究者の研究狀況を的確に把握し、異分野融合の強みのある研究プロジェクトを選定?創設し積極的に支援する。

(3)「國際」:世界をリードする先駆的研究の展開

多様な研究を通じ、異分野融合型の研究を推進する本學は、國際都市大阪において知的創造を生み出す重要な役割を擔っている。インキュベーションとして萌出される新たな研究や行政のシンクタンク機能として活用できる実踐的研究をより進めるため、「地域」「國際」の雙方向のグローカルな視點で研究を展開し、その成果を世界に向けて発信し、世界をリードする先駆的研究を展開する。

そのため、大學院生や若手研究者の海外派遣、あるいは外國人留學生や海外研究者の大學院への受け入れを促進することで學術研究を活性化させる。

また、研究成果の國際的な発信?技術移転に関する支援體制の強化を進める。

お問い合わせ

研究推進課 研究推進グループ

Tel 072-254-9107
草蜢社区在线观看免费下载