大阪府立大學

醫療と保険

心身の健康は充実した留學生活を送るための必須條件です。留學生のみなさんは、日頃から健康管理に十分に気を配ってください。少しでも具合が悪いと感じたときは、自分で判斷せずに早目に保健室で相談するか、醫師の診察を受けるようにしてください。

1. 健康診斷

本學では、すべての學生の健康維持のため、毎年4月に定期健康診斷を実施していますので、みなさんは必ず受診しなければなりません。

2. 健康管理センター

B16棟に健康診斷?健康相談?応急処置などを行うため健康管理センターが設置されています。健康についての相談や、気分が悪くなったり、けがをしたときは、健康管理センターで応急処置をしますので遠慮なく申し出てください。

3. 國民健康保険

3ヶ月を超えて日本に滯在する留學生は同伴家族を含め、すべて國民健康保険への加入が義務づけられています。 國民健康保険に加入することにより、醫療費は30%の負擔で済みます。加入手続きは市區町役所の國民健康保険擔當課で行います。 加入者は保険料を払わなければなりませんが、所得が基準額以下の場合には保険料の減額申請もできますので、市區町役所の窓口で相談してください。

4. 國民年金

20歳以上の外國人留學生は全員國民年金に加入しなければなりません。加入手続きは住民登録をしている市役所で行ってください。學生に一定以上の所得が無い場合は、保険料の納付が猶予されますので別に申請してください。 國民年金に加入している者が、障害者になったときや死亡したときは、一定の要件を満たしていれば、年金を受け取ることができます。

5. 學生教育研究災害傷害保険(學研災)

実験実習、クラブ活動などの教育研究活動中、又は通學途中の事故により、身體に傷害を受けた場合に保険金が支払われます。事故が起きてから加入しても保険金は支払われません。 手続きはA3棟1階學生課學生サポートグループで行います。

6. 外國語での醫療相談(無料)

AMDA國際醫療情報センター関西
Tel 06-4395-0555

草蜢社区在线观看免费下载