大阪府立大學

2018年度 學位記授與式式辭

更新日:2019年3月25日

はじめに

昨年は、大阪北部地震、西日本豪雨、臺風21號と立て続けに大きな天災を受けました。特に臺風21號のときには、キャンパスにある大木が數多く倒壊し、さらには関西國際空港の閉鎖により、教職員や學生の渡航そして帰國にも大変大きな影響を受けました。この場をお借りして被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

3月に入り気溫が上がり、春がやってきました。キャンパスの桜も皆さまの卒業?修了を祝うかのように蕾を膨らませています。

本日、ここに多數の來賓の皆さまにご臨席を賜り、學位記授與式を挙行できますことを嬉しく思います。

卒業?修了される皆さま、おめでとうございます。“高度研究型大學―世界に翔く(はばたく)地域の信頼拠點―”大阪府立大學を代表して、お祝いの言葉をお贈りします。皆さまの成長を願いつつ、ここまで勵ましてこられたご家族そして指導してこられた教員の皆さまにも併せてお慶び申し上げます。

さて、本日の式典において“あみだくじ”と人生の話をします。最初に“あみだくじ”について觸れ、私の経歴を振り返り、“あみだくじ”に例えてみます。最後に大阪府立大學でのまなびと皆さまの“あみだくじ”について語ってみたいと思います。

あみだくじ

皆さまは“あみだくじ”をご存知ですよね。多くの縦の平行線の下に「當たり」「はずれ」などを書き、予めそれらの縦の平行線の間に橫線を入れ、はしご狀にします。さらに、上と下の関係が分からないように一部の平行線を隠します。各自が上のはしを選択したら、隠した部分を見えるようにして、交點が來たら曲がりながら、下へ下へと線を辿ります。

橫線のある位置やくじの結果を隠す(一般に「下半分を隠す」)ため、英語では足のない幽霊にたとえるのか Ghost Leg lottery と呼ぶそうです。また、くじを引く人に「一本 橫線を加える」ことを許す場合もあります。この一本の橫線が、くじの行方を二者の間で入れ替えるのはご存知の通りです。二本?三本と橫線が増えると、複雑に結果が入れ替わりますが、引いたくじに対しては、必ず一つの結果となります。

ここにおられる皆さまは“あみだくじ”を使ったことがありますよね。

“あみだくじ”と人生

昨年、ジャーナリストの竹內政明さんが読売新聞コラム欄「編集手帳」に“あみだくじ”に関することを書かれていました。「人生はふとした橫線で進路が入れ替わる」ということですが、本日は、このコラムを參考にして式辭をまとめました。

私は、高校生時代に數學が好きで、將來、數學の先生になりたいと思っていました。そこで「數理工學を學ぼう」と受験勉強し、幸いにして、希望通り合格しました。ところが周りにいた友人たちの數學に対する興味と能力に圧倒され、進路を変えることにしました。それが、今思えば、最初の橫線だったような気がします。

すでに就職していたある大先輩から「これからは ハードウェアよりソフトウェアが重要になる」という話を聞いて、システム科學という學問を専攻しました。システム科學とは、狹義には(わかりやすくいうと)コンピュータの応用技術です。1978年に、民間企業に入り、ソフトウェア製品を作る部署への配屬希望を出しました。ところが、希望ではない神奈川県にある研究部門に配屬になりました。ここでは、私の進もうとしていた“あみだくじ”の方向に、會社が引いていた橫線があったのでしょうね。

入社6年が経ち、社費留學の推薦を受けましたが、英語の試験で不合格になりました。ここでは自ら橫線を書き損ねたようなものです。ところがその數年後に、上司の強い勧めにより米國ピッツバーグで學ぶ機會を得ました。書き損じていた橫線を上司が代わりに書いてくれたと考えています。

帰國して、家族が5人になっていたこともあり、1987年に川崎市にマンションを購入しました。「落ち著いて研究に勵もう」と思った途端に関西への転勤を命じられました。「自宅を購入したところでもあり、辭退したい」と申し出ましたが、受け入れてもらえず、最終的に子供を転校させ転居せざるをえませんでした。これも私の引いた“あみだくじ”に橫線があったのだと思います。

関西で8年勤めた頃、「バブル経済がはじけた」という理由でオフィスが閉鎖となり、神奈川県に単身赴任することになりました。「當社にいる限り、もう関西に戻ることはない」と上司に言われ、今後の人生に迷っていたときに偶然(誘われたわけでもなく、知人がいたわけでもなく、たまたま學會誌の公募情報を見て略歴や業績などの調書を送った結果、面接を経て)、大阪府立大學に採用されました。偶然としかいいようがない橫線だったのです。

2002年に民間企業の社員から大學教員になって、「これで定年まであと15年間も若い大學生と一緒に勉強ができる」と張り切っていたところ、その後もいろいろな橫線が入り、フランスやカンボジアをはじめ多くの人と出會い、彼らに影響を與えたり彼らから影響を受けたりしながら、學士課程教育改革の目玉でもあった現代システム科學域の設立に攜わり、その後、副學長を経て學長になっている次第です。

大阪府立大學でのまなびと“あみだくじ”

さて、皆さまの人生は本學に入學されるまでどうだったでしょうか。まっすぐに進んだでしょうか。本學で學んでいる間はどうだったでしょうか。入學時に想定していたように本日を迎えているでしょうか。4月からの人生はどうなっていくでしょうか。

ここにおられる皆さまは それぞれ行き先のわからない“あみだくじ”を引いていて自分で橫線を引いたり、周りの人々に橫線を書かれたりしながら、今日この場にいるのではないでしょうか。

ここには、希望して入學された方も不本意ながら入學された方もいるでしょう。選んだクラブ活動が自分に適していて活躍された方も、何らかの理由があって途中で退部された方もいるでしょう。ゼミ配屬?研究室配屬において希望が通ったこともあれば、通らなかったこともあるでしょう。それらが自分の判斷や能力で決まったこともあれば、他人との関係で決まったこともあるでしょう。

このように考えてみませんか。大阪府立大學は皆さまの“あみだくじ”に多くの橫線に出會う機會、そして、自ら橫線を引く機會を與えた。初年次ゼミだったかもしれない。卒業研究だったかもしれない。副専攻だったかもしれない。リーディングプログラムだったかもしれない。サークル活動だったかもしれない。留學だったかもしれない。

教職員や先輩?後輩を含むこの大阪府立大學があなたの“あみだくじ”の進路に橫線を與えた。逆に、あなたが友人の“あみだくじ”の進路に橫線を書く機會もあった。気づいていないかもしれないがそして大きいか小さいかは別にして、人生を変える橫線が大學のあちこちにあったのではないかと考えてみませんか。

少し目を閉じて思い出してみてください。

私の教え子の中の何人かは、橫線が入ったときにそれを全力で消そうとしたり、そのすぐ下に橫線を一本加えてもとに戻ろうとしたりしていたことを思いだします。“あみだくじ”の下に確かに自分の思う「當たり」が書かれているならそうするべきです。これらの學生には、私の考え方を伝え続けました。

一方で、ボランティアをしたり海外に出かけたりすることで、自ら別の方向へ橫線を書こうとする學生も多數いました。彼らは彼らが変わるだけでなく、私の行動にもよい影響を與えてくれました。こんな學生が多數いて、私は大阪府立大學の學生のことを心から誇りに思っています。

おわりに

皆さまの人生は、幽霊の足のように先が見えない“あみだくじ”を引いているようなものと考えてみましょう。人生においては、“あみだくじ”の先端が「當たり」か「はずれ」かなど誰にもわかりません。

ですので、拒否できない橫線はしなやかな態度で受入れ、“あみだくじ”の先が少し見えれば、したたかな手を打ってでも自ら橫線を入れるという姿勢(努力)をもってください。自分の力ではどうしようもない橫線が必ず入りますが、それを受け止めてさらに自分のためになる橫線を引いてください。

橫線を書くにあたっては、一人だけで書こうとせず、調べたり教えを乞うたり「學び続ける」姿勢を持ち続けることで、橫線を書く力を養い続けてください。

そして、いずれは皆さまの周囲の方に良い影響を與えるために、その方々の“あみだくじ”にも橫線を入れてください。私の友人のジョージア大學のTiwana博士は、「自分の Influencer は誰で、Influencee は誰だ」ということをよく話します。本日の私の話でいうと、「自分の“あみだくじ”に橫線を入れてくれたのは誰で、誰の“あみだくじ”に橫線を入れようとしているのか」という風に理解しています。

(“あみだくじ”のコラムを書いた)竹內さんは書いています。「辛い」という漢字に橫線が入ると「幸せ」になると。今この場で掌に書いてみてください。「辛い」が「幸せ」になるのがわかりますか。將來、辛いことがあったとき、あるいは、“あみだくじ”を引く際、本日の私の話を思い出して、皆さまが「人生」にどう対応するかを考えていただけるなら、それは私にとってこの上ない喜びです。

最後になりますが、この4月に私たちは公立大學法人大阪市立大學と法人統合を行います。この流れの中にあっても、私たちは 「高度研究型大學―世界に翔く(はばたく)地域の信頼拠點―」として誇りある大阪府立大學の伝統を殘します。その支援策の一つとして「つばさ基金」を設立しています。本日も 皆様のお手元に資料をお渡ししています。この資料をご覧いただき、近い將來 ご協力を賜れば幸いです。どうぞよろしくお願いします。

以上をもちまして、4月から始まる皆さまの新しい生活における飛躍を期待して式辭と致します。本日は、おめでとうございました。

2019年3月24日
學長 辻?? 洋

関連リンク

草蜢社区在线观看免费下载