大阪府立大學

2020年度 辭令交付式(新規採用教員?昇任教員)における訓辭

更新日:2020年4月7日

ただいま、新規に採用になった教員の皆さま、昇任された教員の皆さま、それぞれの代表の方々に辭令を交付させていただきました。本日、新たに本學の一員として20名の教員の方々をお迎えすることになりました。また24名の方々が昇任されました。

府大へ初めて著任された皆さまには、ようこそ、大阪府立大學へ。大學を代表して、皆さまを歓迎いたします。昇任された皆さまには、新たな気持ちで教育?研究?社會貢獻に、引き続き取り組んでいただければと思います。

さて、時代が平成から令和に変わり、ここにお集まりの皆さまも、新しい職位、新しい職場、あるいは社會人1年目ということで、期待と不安を持ちながらこの場に臨まれていることと思います。取り巻く狀況としましては、本學は2年後、大阪市立大學と統合して新大學がスタートすることが先週大阪府議會?市議會で正式に決定され、その準備が本格化することに加えて、新型コロナウイルスの世界的感染拡大で、大學の教育研究活動が従來通りには行えないという極めて困難な狀況下にあります。平穏な狀況で皆さまをお迎えすることができていないかもしれません。しかし、少し大局的に見ると、ルーチンワークで同じことを繰り返す社會は衰退し、人も墮落するのに対し、大きく変わるときにこそ、社會や人の進歩や発展があるのではないかと思います。取り巻く狀況が変化したり、困難であったりするこのようなときに、先生方は人生の転機を迎えておられるのですが、是非ご自身をより良く変える大きなチャンスと捉えて、飛躍や発展につなげていただければと思います。

自分のことを振り返ると、私は40年前に大學院の修士課程を修了して、本學工學部に助手として任用されました。それからずっと本學で教育?研究を続けてきて現在に至っています。學生時代、間違いなく企業に就職するつもりだった私が、あるご縁で本學の教員になったのですが、天が自分に與えた試練と思い、謙虛に取り組む決意をしました。ここで助手の辭令を戴いてから40年、色々なことがありましたが、これまで何とか大學での教育?研究を進めて來ることが出來たのは、勤め始めた頃の謙虛でひたむきな気持ちと多くの周りの人たち、仲間の支えによるところが大きいと思っています。大學の教員で周りの人たちというのは、上司や同僚、先輩、後輩、サポートしてくれる職員の方々や研究室の學生たちなどです。研究室や専攻、研究科など、教員の周りには様々なコミュニティがありますが、個人の活躍は周りを活性化しコミュニティを活性化します。周りの仲間がハッピーになると自分もハッピーになり、コミュニティ全體がハッピーになるという考えで、私は40年間の教員生活を過ごしてきました。皆さまも、人を押しのけたり、踏み臺にするのではなく、仲間を思いやりながら、自分の信じる教育?研究をこの大學で極めていただき、研究室を、研究科を、そして大學全體を活性化していただけると有り難いです。

大學では、企業や他の研究機関とは異なり、特に學生に対する思いやりが大切です。大學における最大のミッションは教育?研究?社會貢獻を通して優れた人材を育成することです。一人でも多くの優れた人材を社會に送り出していただきたいと思っています。學生を成長させることが、獨創的な研究成果に繋がり、さらには大學のブランド力のアップにも繋がり、大學に良い人材が集まるという好循環を生み出すものと考えています。私は、これまでの教員生活において遭遇した様々な課題に対して、その選択肢のどれを選ぶか迷ったときは、必ず「學生ファースト」と考えてきました。今後もそのように考えていきたいと思っておりますので、そのことをまずは皆さまと本日共有できればと思います。

昨年4月、公立大學法人大阪がスタートし、大阪市立大學と本學は同じ法人に屬する大學となりました。現在、新法人のもと、2年後の新大學開學に向けて、日本では前例のない大きな大學改革に取り組んでいるところです。歴史や文化の異なる二つの総合大學が統合するのですから、課題は山積しています。しかし日本一の大學を作るという気概を持って、教職員?學生一丸となって著実に歩みを進めていきたいと思います。皆さまの新しい力に大いに期待していますので、ご協力宜しくお願いいたします。皆さまの本日からのご活躍を心から期待して挨拶とさせていただきます。

2020年4月1日
大阪府立大學 學長
辰巳砂 昌弘

草蜢社区在线观看免费下载