大阪府立大學

2020年度 入學祝辭

更新日:2020年4月6日

辰巳砂學長の寫真新入生の皆さん、學域ならびに大學院への入學、誠におめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。學士課程、大學院博士課程合わせて2,199名の皆さんが、この4月大阪府立大學に入學されました。本學を代表して、皆さんを歓迎します。また、この日を心待ちにしてこられたご家族やご関係の皆さまにも、心からお祝い申し上げます。

入學式は當初大阪府立國際會議場にて挙行する予定でしたが、新型コロナウイルス対策の一環で、中止せざるを得なくなりました。皆さんの安全確保と感染拡大防止の観點から、苦渋の決斷であったことをどうかご理解くださいますようお願いいたします。

現在、感染癥拡大で世界中が大変な狀況にありますが、皆さんが受験された今年1月から3月にかけても、日本中が本當に大変な時期でした。あの不安な時期、健康に留意しながら受験を乗り越えて來られた皆さんには、その努力と忍耐に敬意を表すとともに、心からお疲れ様と申し上げたいと思います。先月本學の學位記授與式も中止になりましたが、それでも本學から約2,000名の卒業生、修了生を送り出すことができました。ちょうど今年の博士後期課程修了があの東日本大震災の年に學士課程に入學した學年に當たり、忘れがたい年であったという感想を述べていました。皆さんにとっても入學という節目の年が記憶に殘る年になると思いますが、流行り病や自然災害といった人間の力ではどうすることもできない困難に遭遇した時、人はどう振る舞うべきかを考えるきっかけにしていただければと思います。

「考える」ということ

「考える」といえば、大學はこれまでの教育機関にもまして考えることを大切にしているところです。そして元來「考える」ということは楽しいことなのですが、考えるためには、その基となる知識をしっかりと身につける必要があります。「學びて思わざれば則ち罔(くら)し、思いて學ばざれば則ち殆(あやう)し」と言われるように、「考える」ことが、獨斷に陥らないように「學ぶ」のです。大學や大學院では、ただ人から教えられることを學ぶのではなく、自ら進んで學ぶ「能動的な學び」が基本になります。つまり、學生は「自主?自立」のもとで學ぶことを前提にしています。この點について、まずは自覚を持っていただくことを皆さんにお願いします。大學では、講義?演習?実習?実験?ゼミなどが用意されていますが、これらは皆さんが自身で習得し成長される「學び」を、最適な形でサポートするためのものです。また、どんな學問を身につけるかについても、自分で履修計畫を立てるのが基本になります。皆さんが將來社會に出て、様々な課題に取り組んでいくとき、一つの學問分野だけで解決できるということは皆無といっても過言ではありません。本學には副専攻や學位プログラムなど多彩なメニューが用意されていますので、是非皆さん獨自のカリキュラムを構築して、「學び」を充実させてください。「學び」を充実させることは「正しく考えること」に繋がります。本學で考えることの楽しさを、身をもって體験していただければと思います。

「學び」の計畫をデザインする

本學で「學び」の計畫を自らデザインすることを徹底した學位プログラムに、博士課程教育リーディングプログラム「システム発想型物質科學リーダー養成學位プログラム」があります。大阪市立大學とともに進めてきたこのプログラムは、産業界で活躍できる研究リーダーを育成するための修士?博士5年一貫のプログラムで、すでにその修了生が社會に出て、就職先の企業等から高い評価をいただいております。それだけでなく、この3月には文部科學省から、最高位のS評価を得ています。現在、履修生以外にもこのプログラムの科目を受講できるように拡大を図っており、やがてすべての皆さんにこのコンセプトを広げていく計畫です。

これまで本學は特に産業界からの評価が高く、昨年度日本経済新聞社と日経HRが発表した「企業の人事擔當者から見た大學のイメージ調査」で、全國の大學の中で総合10位にランクされました。この調査は、企業の人事擔當者を対象に、過去2年間に採用した學生から見た大學のイメージなどに基づいています。特に本學は「対人力」が高い評価で、コミュニケーション能力が高い、ストレス耐性が高い、柔軟性、適応力があるとコメントされています。

さて、本學の理念は「高度研究型大學―世界に翔く(はばたく)地域の信頼拠點―」です。本學には、中百舌鳥、羽曳野、りんくうという3つのキャンパスがあります。鳥にちなんだ地名や空の玄関口の近くにあることから、“はばたく”というイメージがふさわしい大學です。そして、教育?研究?地域貢獻活動において「多様」「融合」「國際」という三つの視點を大切にしています。

文化の多様性は、その交流?革新?創造の源であり、人類に正義?自由?平和をもたらすものであるとの視點に立って、本學では専門分野、価値観の多様性とともに、それらを擔う學生、教員、職員の多様性、そしてグローバルやダイバーシティを重んじています。これまで「垣根のない大學でつながりを」というモットーのもと「知」の創造拠點をめざしてきました。常に新しいものにチャレンジする高い志をもって、自分の周りに垣根をつくることなく、「つながり」をもとめて活動しています。ここには、皆さんの學習意欲や知的好奇心に十分応えられる多彩な教育カリキュラムに加えて、世界最先端の充実した研究設備、植物工場研究センターに代表される実証実験研究所、さらには21世紀科學研究センターと呼ばれる約50のユニークな學際研究所があります。基礎から応用まで、教職員?學生が一丸となって取り組む多様な學術研究は世界中に発信され、學界や産業界から高い評価を受けています。學長である私自身も、學生の皆さんとの研究の時間を今でも大切にし、長年取り組んできた「全固體電池」という次世代蓄電池の研究を続けています。私も含め、これから皆さんを迎える教員、職員、在學生には熱い思いがあり、新しく始まる皆さんの大學?大學院生活が充実したものになることを心から願っています。

自らの手で

學問を通じた知的活動だけでなく、學園祭やクラブ活動、ボランティア活動、地域での交流活動なども活発に行われており、企畫力、創造力、コミュニケーション力など、あらゆる能力を養うことができます。學びの場も、3つのキャンパスだけでなく、難波には“I-siteなんば”と呼ばれる都心拠點があります。また、留學生や海外からのゲストと交流するための“I-wingなかもず”という國際交流會館や、百を越える國際交流協定締結大學が世界中にあります。このような様々な“知”の拠點を活用し、皆さん自身の発想で、地域や世界への一層のつながりを作っていただければと思います。自分の裁量で自分を磨くことができるのが大學で、ここでの経験はすべて皆さんの血となり肉となります。自由を謳歌できるこの限られた時間に何をなすべきか、大學でしかできないことを是非自らの手で見つけていただければと思います。

ところで、本學のルーツは1883年(明治16年)に設置された獣醫學講習所であり、創基140年を目前にしております。新制大學としては、工學、農學を中心に浪速大學が約70年前1949年(昭和24年)に設立され、その後大阪府立大學となりました。設置者である當時の大阪府知事が「日本一の大學をつくる」と言われて設立されたことを誇りとしています。15年前、大阪府立の3大學が統合されて公立大學法人大阪府立大學が誕生しました。そして、1年前2019年に公立大學法人大阪が設立され、その中に大阪府立大學、大阪市立大學、大阪府立大學工業高等専門學校を擁する組織となっております。現在大學間での交流?連攜を密にしながら、新大學設立に向けて大學統合の歩みを著実に進めているところです。これから開學をめざす新大學は間違いなく「日本一の大學」をめざすことになります。大阪府立大學に入學された皆さんには、一法人二大學という貴重な時代のメリットを存分に活かして、大阪市立大學との交流も含めて大學生活を有意義なものにしていただければと思います。

最後に

繰り返しになりますが、學問を通じて、課外活動を通じて、様々な素晴らしい出會いを大切にされることを切望しています。本學で學んだ學問、良き友、巡り會えた良き師、これらが、皆さんが社會に出て活躍される礎になります。10年先、20年先さらには何十年先に、大阪府立大學で學んで良かったと思うことができるよう祈念いたしております。

以上をもちまして、本日から始まる新入生の皆さまの新しい生活における飛躍を期待して祝辭と致します。ご入學、誠におめでとうございます。

2020年4月6日
學長 辰巳砂 昌弘

関連リンク

草蜢社区在线观看免费下载