大阪府立大學

2021年度 辭令交付式(新規採用教員?昇任教員)における訓辭

更新日:2021年4月15日

ただいま、新規に採用になった教員の皆さま、昇任された教員の皆さま、それぞれの代表の方々に辭令を交付させていただきました。本日、新たに本學の一員として27名の教員の方々をお迎えすることになりました。また19名の方々が昇任されました。

府大へ初めて著任された皆さまには、ようこそ、大阪府立大學へ。大學を代表して、皆さまを歓迎いたします。昇任された皆さまには、新たな気持ちで教育?研究?社會貢獻に、引き続き取り組んでいただければと思います。

新しい職位、新しい職場、あるいは社會人1年目ということで、期待と不安を持ちながらこの場に臨まれていることと思います。ご存じのように、本學は來年、大阪市立大學と統合して大阪公立大學(仮稱)がスタートしますが、準備期間はあと1年と秒読み段階に入りました。加えて、COVID-19によるパンデミックの影響で、大學における教育?研究活動にはかなりの制約が強いられる狀況が続いています。皆さんは、ご自身の節目の年を、大変な狀況で迎えていると感じられるかもしれません。しかし、変化を恐れ同じことを繰り返す社會は衰退し、人も墮落するのに対し、社會も人も大きく変わるときにこそ、進歩や発展があるのではないでしょうか。周りの狀況が変化したり、困難になったときこそ、ピンチはチャンスの始まりと捉えて、是非ご自身の飛躍や発展につなげていただければと思います。

私は約40年前、大學院の修士課程を修了して、本學工學部の助手になりました。それからずっと本學で教育?研究を続けてきて現在に至っています。その間、本當に多くの周囲の方々、上司や同僚、先輩、後輩、サポートしてくれる職員さんや研究室の學生さんなどに支えられてきたおかげで、今日を迎えることができています。私が大學教員になったのは、24歳の時ですから、當時は勿論右も左も分かりませんでした。職場としての大學は、一般企業や一般教育機関とはかなり異なるところで、分かっていたのは、研究の現場で教育を行うのが大學ということだけでした。その後の教員生活において私が體得し、本日皆さまにお伝えしたいことは、研究室や専攻、研究科など、教員の周りにある様々なコミュニティを大切にしましょうと言うことです。自分の屬するコミュニティの構成員全體を巻き込んで発展していきましょうということです。個人の活躍は周りを活性化しコミュニティを活性化します。周りの仲間がハッピーになると自分もハッピーになり、コミュニティ全體がハッピーになるという考えで、私は40年間の教員生活を過ごしてきました。先週NHK放送のプロフェッショナル―仕事の流儀―では、サンドウィッチマンを密著取材していました。彼らがまさにそういったコミュニティの考え方を持っていて、お笑いの世界で成功をおさめているのではないかと、大変共感を覚えました。皆さまも是非、人を押しのけるということでなく、仲間を思いやりながら、自分の信じる教育?研究をこの大學で極めていただき、研究室を、研究科を、そして大學全體を活性化していただけると有り難いです。

大學における最大のミッションは、言うまでもなく、教育?研究?社會貢獻を通して優れた人材を社會に送り出すことです。學生を成長させることが、獨創的な研究成果に繋がり、さらには大學のブランド力のアップに繋がり、大學に良い人材が集まるという正のスパイラルを生み出すものと考えています。「學生ファースト」そのことをまずは皆さんと共有させていただきたいと思います。

ところで、新制大學として本學がスタートしたのは72年前で、當時の大阪府知事の「日本一の大學を作る」という気概のもと設立されています。現在、大阪公立大學(仮稱)開學に向けて、日本では前例のない大きな大學改革に取り組んでいるところです。まだまだ課題は山積していますが「大學人としてこんな夢のある、素敵なときに立ち會える」と敢えて前向きに取り組んでいただけないでしょうか。大阪公立大學(仮稱)の10年後、20年後の姿を描くのは、若い皆さんの雙肩にかかっています。「學生ファースト」で永く輝きを見通せる我が國有數の大學を共に目指していただけないでしょうか。何かと困難な狀況ではありますが、教職員、學生の力を結集して、多くのステークホルダーからの力も借りて、本當に日本一の大學を作りましょう。皆さんの新しい力に大いに期待していますので、ご協力、どうか宜しくお願いいたします。

皆さんの本日からのご活躍を心から期待して挨拶とさせていただきます。

2021年4月1日
大阪府立大學 學長
辰巳砂 昌弘

草蜢社区在线观看免费下载