大阪府立大學

2021年度 入學式式辭

更新日:2021年4月7日

辰巳砂學長の寫真新入生の皆さん、大阪府立大學の學域ならびに大學院研究科への入學、おめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。

1年前の入學式は、緊急事態宣言が発出される中、中止せざるを得ませんでしたが、本日ここに、2021年度入學式式典を挙行できますことを大変嬉しく思います。今年度、大阪府立大學に入學されましたのは、學士課程、大學院博士課程合計2,228名の皆さんです。本學を代表して、皆さんを歓迎します。また、この日を心待ちにしてこられたご家族やご関係の皆様にも、心からお祝い申し上げます。

このパンデミック下での生活は、世界中の殆どの人が生まれて初めて體験していることです。皆さんの場合は、この時期が受験の年と重なりました。この不安な1年間、健康に留意しながら受験を乗り越えて來られた皆さんには、その努力と忍耐に敬意を表すとともに、心からお疲れ様と申し上げたいと思います。皆さんにとって、大學や大學院への入學というこの節目の年が、記憶に殘る年になると思いますが、流行り病や自然災害といった人間の力ではどうすることもできない困難に遭遇した際、人はどう振る舞うべきか、またそのようなピンチをどのようにしてチャンスに変えていくかを考えるきっかけにしていただければと思います。

さて、本學は1883年(明治16年)に設置された獣醫學講習所が淵源になっており、まもなく創基140年を迎えようとしています。また、2005年(平成17年)には大阪府立の3大學の統合によって公立大學法人大阪府立大學が設立され、さらに一昨年、公立大學法人大阪が誕生し、その中に大阪府立大學、大阪市立大學、大阪府立大學工業高等専門學校を擁する組織となっています。いよいよ來年度からは大阪市立大學と統合して、大阪公立大學がスタートします。皆さんは大阪府立大學として最後の入學生ということになりますが、皆さんの入學された學域?學類、研究科は、皆さんが卒業されるまで、その體制は維持されますので、どうぞご安心ください。2年次以降は大阪市立大學と統合されるということをむしろメリットと捉えていただければ、大阪市立大學との交流も含めて大學生活を有意義なものにしていただけると考えています。

現在本學と大阪市立大學の間では、連攜を密にしながら、大學統合に向けての準備を著々と進めているところです。72年前、新制大學としての大阪府立大學開學の折、當時の赤間文三府知事が「日本一の大學をつくる」と言われて當時の浪速大學(6年後に大阪府立大學)がスタートしました。その後本學からは10萬人に及ぶ方々が卒業され、社會の各方面で活躍され、輝かしい発展を遂げて參りました。同じ140年の歴史と伝統を誇る大阪市立大學と統合して來年開學する大阪公立大學は間違いなく「日本一の大學」を目指すことになります。來年度からは新大學も含めた3大學が共存することになりますので、本學に入學された皆さんにはプラスになることはあっても、マイナスになることはありませんので、存分に學業に勵んでいただきたいと思います。

大學とは

あらためて、大學とはどういうところでしょうか。これまでの教育機関との違いは何でしょうか。大學の基本機能は教育、研究、社會貢獻です。知の継承、知の創造、知の活用を図る場と言い換えることも出來ます。學問をするところと一言で表現する方もおられるでしょう。あの福沢諭吉の「學問のすゝめ」は340萬部突破の大ベストセラーですが、萬民の平等を説いた「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」につづいて、そこに違いが生まれる理由を「學ぶと學ばざるとに由りてできるものなり」と説いています。また、學問については「専ら勤むべきは人間普通日用に近き実學なり」とも、「飯を炊き風呂の火を焚くも學問なり」とも述べています。あの明治維新の激動の時代、人は一生學び続け、一人一人が自分の頭で考えられる判斷力を身につける重要性を説いていると私は思います。これは、今のこの不安定な変革の時代にも繋がる話ではないでしょうか。人生100年時代に際して、私は、皆さんには今後ずっと學び続けていただきたい、また溢れる情報を自分なりに整理し、自ら考え続けていただきたいと思っています。

大學は、皆さんが今後學び続け、考え続けるための基礎を築く場と考えています。また、大學がこれまでの教育機関と最も大きく異なる點は、知の創造、知の活用の場において、知を継承していくところにあると思います。つまり、研究?社會貢獻の現場で、教育が行われていることが重要で、そのことこそ、皆さんが生きた學問を身につける原動力になるものと考えます。大學や大學院では、自ら進んで學ぶ「能動的な學び」が基本になっており、學生は「自主?自立」のもとで學ぶことを前提にしています。大學では、講義?演習?実習?実験?ゼミなどが用意されていますが、これらは皆さんが自身で習得し成長される「學び」を、最適な形でサポートするためのものです。本學では、昨年度のパンデミック下でのオンライン授業において、今後のあり方を教員が熟慮してオンデマンド教材に磨きをかけました。皆さんがこれから受けるサポートは、対面を基本とし、オンラインを併用したベストミックスを目指していきますので、楽しみに受講してください。また、これまでの教育機関では授業の選択肢はあまり多くなかったと思いますが、大學では、どんな學問を身につけるかについても、自分で履修計畫を立てるのが基本になります。皆さんが將來社會に出て、様々な課題に取り組んでいくとき、1つの學問分野だけで解決できることは殆どありません。本學には副専攻など多彩なメニューが用意されていますので、皆さん獨自のカリキュラムを構築して、「學び」を充実させてください。

本學の大學院ではこれまで、「學び」の計畫を自らデザインすることを徹底した博士課程教育リーディングプログラムを大阪市立大學とともに進めてきました。これは、産業界で活躍できる研究リーダーを育成するための教育プログラムで、毎年その修了生が社會に出て、就職先の企業等から高い評価を戴いています。さらに文部科學省からは、事後評価として最高位のS評価を得ています。このプログラムの科目は、現在履修生以外にも受講できるようになっており、學域教育にもこのコンセプトの拡大を図っています。これまで本學は伝統的に産業界からの評価が高く、「企業の人事擔當者から見た大學のイメージ調査」などでは、常に、全國の大學の中で上位にランクインし続けています。

本學の理念

さて、本學の理念は「高度研究型大學―世界に翔く(はばたく)地域の信頼拠點―」です。そして、教育?研究?社會貢獻において「多様」「融合」「國際」という三つの視點を大切にしています。「多様」については、文化の多様性、専門分野、価値観の多様性に加えて、それらを擔う學生、教員、職員の多様性、そしてグローバルやダイバーシティを重んじています。本學は、皆さんの學習意欲や知的好奇心に十分応えられる様々な教育カリキュラムに加えて、世界最先端の充実した研究設備や多彩な研究センターを有しています。

また、學問を通じた知的活動だけでなく、學園祭やクラブ活動、ボランティア活動、地域での交流活動なども活発に行われており、企畫力、創造力、コミュニケーション力など、あらゆる能力を養うことが出來ます。自分の裁量で自分を磨くことが出來るのが大學で、ここでの経験はすべて皆さんの血となり肉となります。自由を謳歌できるこの限られた時間に何をなすべきか、大學でしか出來ないことを是非自らの力で見つけていただければと思います。新しく始まる皆さんの大學?大學院生活が充実したものになることを心から願っています。

以上をもちまして、新入生の皆さまの今後の飛躍を期待して式辭と致します。本日は、誠におめでとうございます。

2021年4月6日
大阪府立大學學長 辰巳砂 昌弘

関連リンク

草蜢社区在线观看免费下载