大阪府立大學

三大學連攜事業公開講座「SDGs いま考えるべき水の未來」を開催

更新日:2021年1月18日

2020年11月28日、大阪府立大學?大阪市立大學?関西大學の三大學連攜事業公開講座「SDGs いま考えるべき水の未來」を開催しました。本講座は2008年に締結された三大學連攜協定に基づき実施されており、17回目を迎えた今年は、オンラインでの開催となりました。

本學の辰巳砂學長による開會挨拶で始まり、基調講演には東京大學総長特別參與?國連大學上級副學長の沖 大幹 教授が登壇。「水と気候変動と持続可能な未來」をテーマに、水に関する世界の現狀が伝えられるとともに、若い世代に向けて「22世紀の世界がどうなるかではなく、どうしたいかの問題だ」とのメッセージが送られました。

続くパネルディスカッションには、沖教授に加え三大學の教員と學生が登壇。本學の大塚 耕司 現代システム科學域長が進行役を務めるとともに、現代システム科學域 遠藤 崇浩 教授、大阪市立大學大學院工學研究科 相馬 明郎 教授、関西大學商學部 岡 照二 教授がパネリストとして登壇したほか、學生パネリストとして現代システム科學域4年 橫田 響さん、現代システム科學域3年 佐藤 真緒さん、大阪市立大學工學部4年 古川 桃子さん、関西大學商學部3年 淺田 愛梨さんが登壇しました。配信が一時途切れるトラブルもありましたが、世界の水環境を取り巻く様々な現狀について、分野橫斷的にパネリストから語られるとともに、水の未來のあるべき姿について熱心な議論が交わされ、大阪市立大學の荒川學長による閉會の挨拶で幕を閉じました。

この他に、三大學の學生団體によるSDGsに関する取組が動畫で発表され、本學からは環境部 エコロ助が団體の活動を紹介しました。

終了後、學生代表として登壇した橫田さんは「貴重な経験になった。今回の経験を今後の研究や、ゼミでの発表などに活かしたい。」と今後への意欲を見せてくれました。また、同じく學生代表の佐藤さんからは「日本のような先進國では十分な水や食料があることが當たり前になっているため、今日も學校に行かずに、綺麗とは言い切れない水を遠くまで運ぶ子供たちがいることは想像しにくいが、そういった深刻な事実があることをまず私たちが「知る」ということはとても大切だと思う。」という気づきが聞かれました。

三大學連攜事業公開講座では、これからも様々な課題について議論し、解決に向けて取り組んでいきます。

関連情報

お問い合わせ

國際?地域連攜課地域連攜室

Tel 072-254-9942
草蜢社区在线观看免费下载