大阪府立大學

大阪府立大學における後期授業の方針と考え方について

更新日:2020年8月7日

學生の皆さんへ
保護者の皆さまへ

新型コロナウイルス感染拡大により、本學では前期授業をオンラインで実施し、6月以降は感染の狀況を注視しながら実験?実習など一部の科目から段階的に対面授業を再開してきました。しかし、本來、大學の授業は主に教室等において対面で行うことを想定しており、本學は學びの共同體としての場を提供することがその責務の一部と考えていますので、學生の皆さんには可能な限り大學へ來ていただきたいと考えております。しかしながら、新型コロナウイルス感染癥の國內外の感染狀況を考慮しますと、當面は感染のリスクをコントロールしながら授業を続けて行かざるを得ません。

9月28日から始まる後期の授業につきましては、地域の感染狀況や本學の教室の規模、受講者數、教育効果等や前期に行いました學生アンケートの結果も踏まえて、対面の授業を中心にオンライン授業を併用する次の方針で実施する予定です。

  • 前期と同様に対面で実施が必要な実験?実習については対面での実施を原則とし、必要に応じてオンラインも併用。
  • 感染対策を講じた上で実験実習以外の授業についても対面授業の実施が適切と判斷されるものについては対面授業で行い、授業の全部または一部について対面授業が困難と判斷される場合はオンラインで実施。
  • 各授業の実施方法については必要な修正を行ったシラバスで周知し、學生の皆さん一人一人へ確実に情報が伝達される手段や、學生の皆さんからの相談にも速やかに応じる方法を提供。
  • オンライン授業については同期型(同時雙方向型授業)を原則禁止し、非同期型(オンデマンド型授業)で実施。時間割は通常の1コマから5コマで実施。

ご承知のとおり、感染の狀況は日々刻々と変化しています。後期授業の実施方針は前述のとおりですが、今後の感染狀況や學生の皆さんの希望等を踏まえ、年度途中であっても必要に応じて実施方法の見直しを行う場合があります。それまでは対面授業とオンライン授業を併用して行い、対面授業においては大學として必要とされる感染対策を行いますが、これ以上感染を拡大させないために何よりも重要なことは、皆さん自身が適切な感染対策を行うことです。例えばそれは三密を避ける、マスクを著用する、手指を消毒するなど決して難しいことではありません。

今年度は特殊な狀況であり、皆さんが様々な困難に直面していることは理解しております。大學としては、新型コロナウイルス感染癥の影響の深刻化と長期化の下で學生の皆さんを感染の危険から守りつつ、どのような狀況であっても、全ての學生が質の高い教育を受ける機會を持てるように、後期授業開始に向けて教職員一同準備を進めております。後期に皆さんが大學で共に學ぶ機會を持てることを楽しみにしています。

大阪府立大學 學長
辰巳砂 昌弘

草蜢社区在线观看免费下载