大阪府立大學

大阪府立大學における後期授業等の対応について

更新日:2020年9月25日

大阪府立大學における後期授業の方針と考え方については、2020年8月7日付で學長メッセージとしてお知らせしているところですが、今般、2020年9月15日付で文部科學省より大學等に対し、「大學等における本年度後期等の授業の実施と新型コロナウイルス感染癥の感染防止対策について(周知)」(以降「文科省通知」)が通知されました。

本通知は大學での後期授業実施に係る指針となります。ついては、本通知內容に基づき、本學の対応や取り組みをご案內いたします。

授業等の実施に際しての留意事項

1. 授業の実施方法?形態

  • 大學として學生の広義の意味での修學機會(勉學面だけでなく人的交流等の要素も含む)を確保するためにも、後期は感染防止策を講じて感染のリスクをコントロールしながら、対面の授業を中心にオンライン授業を併用する。
  • 実験?実習?演習科目等の教育効果の観點から対面授業が必要となる科目を優先的に対面授業とする。
  • 講義科目についても、授業內容や規模、教授方法等の特性を踏まえ、対面授業が望ましいものを対面で実施することとし、學生が一定回數登學して授業を受ける機會を得られるよう対応している。
  • 特に1年生については、入學後より登學の機會を得にくい狀況が続いたため、人的交流を持っていただくという観點からも、一定回數を登學できるよう配慮している。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 大學等における教育は,オンライン等を通じた遠隔授業の実施のみで全てが完結するものではなく,豊かな人間性を涵養する上で,直接の対面による學生同士や學生と教職員の間の人的な交流等も重要な要素であること。
  • 本年度後期等の授業の実施方法等の検討に當たっては,地域の感染狀況や,教室の規模,受講者數,教育効果等を総合的に考慮し,本年度の授業の実施狀況や學生の狀況?希望等も踏まえつつ,感染対策を講じた上での面接授業の実施が適切と判斷されるものについては,面接授業の実施を検討すること。

2. 學修機會の確保と感染対策を両立するための工夫

〈1〉 感染対策を講じた上での面接授業の実施

  • 「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を策定し、登學前に體調??チェックおよび検溫し、発熱、咳、喉の痛み等の癥狀があり感染が疑われる場合は、自宅療養(?席)するよう學生および教員に周知している。
  • 自宅を出る前に検溫ができなかったが學生や教職員が検溫できるよう、構內の入り口や學內の各部署に非接觸型體溫計を常設しているほか、各棟に手指消毒エリアを設け、入室前に手指消毒が徹底できるように環境を整備している。
  • 大學の感染予防策としては、學內での授業等の実施にあたり、次の対策を施している。
  1. 教室(室內の共用部分(ドアノブ、スイッチ等)を含む)の消毒?清拭は、毎日行う。
  2. 廊下?トイレ等の共用スペースについても、毎日、大學で消毒?清拭を実施する。
  3. 棟の入口や教室、廊下等に、手指用のアルコール消毒液等を設置する。
  4. 教室においては、3密を避けるため、座席を一定の間隔で間引きし距離を保って著席できるよう配慮している。また、室內は原則座席指定とする。
  5. 室內は適切に換気する。
  6. いつ、誰が、どの場所にいたかを管理するために入退館管理システムを導入している。
  7. 學生?教職員に対しては「新しい生活様式」を周知徹底している。
  • 対面授業への実施に際して、登學前、入館?入室前、講義等室內、授業終了後のそれぞれのタイミングで注意?徹底する事項を「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」として策定し、學生?教員に周知している。
  • そのほか、學生?教職員に対しては「新しい生活様式」の実踐?徹底を促している。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 感染源を絶つためには,學內にウイルスを持ち込まないことが重要であることから,たとえば,學生や教職員等に対して検溫をはじめとする健康観察を促し,発熱等の風邪の癥狀がある場合においては通學せず休養するよう求めることや,大學等の入口に検溫所を設け,入構する者に対して検溫を実施することなどが考えられること。
  • 新型コロナウイルス感染癥は,一般的に,飛沫感染?接觸感染を経路とすることから,この感染経路を斷つため,たとえば,學生や教職員等はもとより,構內に入る者に対して手洗いの勵行,マスクの著用など感染癥対策のための行動について周知?啓発を行うことが求められること。

〈2〉 遠隔授業を実施する場合の留意點

  • オンライン授業実施?改善に関する參考情報等の提供や研修の実施などを通して、各教員が一定の教育効果を擔保したオンライン授業を実施できるよう取り組んでいる。
  • 前期オンライン授業に関するアンケートの結果を踏まえ、教育効果の観點から改善を要すると判斷された點については教員に改善を依頼し、更なるオンライン授業の質の擔保に取り組んでいる。
  • 課題のあり方(課題內容、課題量、期日設定等)や課題へのフィードバックの実施については、他授業の狀況も考慮した改善を教員に依頼している。
  • 學生自身でのオンライン授業の受講環境整備が経済的に極めて困難な學生を対象として、ノート型パソコンやモバイルWi-Fiルータの貸與を実施する。
    學內の情報教育教室については感染対策を講じた上で通常通りすべて開放し、授業を実施しない空き時間帯は學生が自由に使用できるようにする。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 施設上の制約等により,感染癥対策を講じた上での面接授業を実施することが困難であると判斷し,遠隔授業を実施する場合には,7月事務連絡の內容にも十分御留意の上,當該遠隔授業が面接授業に相當する教育効果を有するものとなるよう取り組んでいただく必要があること。
  • 學期を通じて面接授業の受講等キャンパス內での學修の機會がほとんどないまま,自宅での遠隔授業の受講に終始するような學生が生じることのないよう配慮いただきたいこと。
  • 遠隔授業の受講に係る通信費等が學生の過度な負擔とならないよう,たとえば,感染対策を講じた上で學內のPCルームを開放することや, Wi-Fi 設備を整えた遠隔授業を受講するための教室を用意することなども考えられること。
  • 學生に遠隔授業の一環として課題を課す場合には,例えば,各學部等において課題の実施狀況や全體量を把握し,必要に応じて調整するなど配慮いただきたいこと。

3. 交流機會の設定等の學生生活への配慮

  • 學生の交流機會確保のために、感染対策を十分に講じた上で、11月1日?2日に新入生を対象とした歓迎イベントを開催する。
  • 就職活動に係る情報提供については、情報提供の頻度を上げる一方、學生の希望に応じて対面相談の機會も増やすなど、學生に寄り添える體制を強化する。
  • 學生生活に対する相談については、學生の希望に応じて対面、WEB対応、電話、メールなど多様な方法で対応し、不安解消に努める。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 感染対策を十分に講じた上での面接授業の実施について検討いただくことはもとより,大學等における學びにおいては,學生と教職員等とのコミュニケーションや學生同士の交流も重要な要素であることから,これらを実現するための機會を設定することについても積極的に対応いただくようお願いします。
  • 大學等における學修や學生生活に慣れていない新入生において,想像していた大學生活との差異に悩みを有していることや,同感染癥の影響により社會情勢の先行きが見通せないことから,就職活動を行う學生に不安感が高まっていることも考えられます。
  • 新入生をはじめとする學生生活に悩みや不安を抱えた學生の把握に努め,カウンセラーや醫師等の専門家とも連攜してきめ細かく御対応いただくようお願いします。

4. 大學図書館をはじめとする學內施設の利用

  • 入館時に利用者の健康狀況のチェック(口頭での確認、必要があれば検溫)を行い、マスク著用、手指消毒等の協力を呼び掛けている。館內の3密を避けるため、座席數を減らし、閲覧機に透明パネルを設置するなどの対策を講じて開館する。
  • 非來館型サービスとしては貸出図書や、複寫資料の郵送サービスも実施している。また、電子ジャーナル、データベース、電子ブックなどの學外からの利用環境を整備し、文獻検索方法についての動畫を作成してWebで公開している。例年、初年次を対象に実施する図書館ツアーの動畫を作成しWebで公開しており、図書館利用全般についてオンラインで質問、回答できるオンラインレファレンスサービスを後期から開始する。
  • 自主學習スペースとしてラーニングコモンズも座席數を減らし、後期から開放する。
  • その他學內施設については、原則として2021年3月31日までは貸し出さない方針を定めている。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 本年度の授業?研究の実施狀況や學生?研究者等の狀況?希望等も踏まえながら,感染対策を講じた上で,來館を伴う施設の利用も含め,できる限り學生?研究者等の利用に供するための工夫に努めていただくことが必要です。

感染拡大の防止のための留意事項

1. 注意喚起の徹底

  • 本學Webサイト、學內ポータルサイト、學生一斉メール、掲示物等により、感染予防策や注意事項等を周知徹底している。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 各大學等におかれては,在籍する學生や教職員等に対し,夜間も含め,「3つの密」(換気の悪い密閉空間,多數が集まる密集場所,近距離での會話や発話が生じる密接場面)を避けることを徹底し,感染拡大のリスクを高める行動により感染を拡大させることのないよう,改めて,正確な情報提供と適切な注意喚起を行うようお願いします。注意喚起等の実施に當たっては,令和2年7月28 日付高等教育局長通知「飲食店等におけるクラスター発生の防止に向けた取組の徹底について」において示している內容も御參照の上,學生等の一人一人に確実に行きわたる手段を確保して実施されるようお願いします。

2. 學生寮等の感染リスクが高くなりやすい場面での対応

  • 留學生を対象とした學生寮「國際交流會館(I-wing)」の入寮者に、本學の感染予防策を周知徹底している。なお、感染者が疑われる場合のフローとして「I-wingで感染者が疑われる入居者が発生した場合等の対応」を整備し運用している。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 大學等の設置者及び學生寮等の運営に関わる関係者は,寮內での感染拡大は起こりうるものと想定し,共同生活を通じた教育的意義にも配慮しつつ,平時から健康管理や感染癥対策,感染者発生時の対応について検討し,9月3日通知において示しているとおり,十分な注意を持って用意をしておく必要があります。

感染者が生じた場合の対応に関する留意事項

1. 感染者が生じた場合の基本的な考え方

  • 感染者が生じた場合の基本的な考え方については、大阪府とも連攜するとともに、學內の教員や同一法人內の大阪市立大學醫學部の知見等も參考にし、本學の緊急対策本部會議で審議?決定する。
  • 感染者の発生事案も管轄保健所とも連攜し、當該感染者や濃厚接觸者の情報取扱いには十分配慮する旨、本學の新型コロナウイルス対策方針にも明記し周知徹底している。

參考:文科省通知(抜粋)

  • どんなに感染対策を行っても,感染リスクをゼロにすることはできないという事実を前提として,感染者が確認された場合等において迅速かつ的確に対処できるよう準備いただくことも必要です。このためには,大學等が所在する自治體の衛生主管部局との連攜や,學內における保健管理體制の構築に取り組んでいただくことが重要です。
  • 學生をはじめとする大學等の関係者に感染が確認された場合には,當該感染者や濃厚接觸者が差別?偏見?誹謗中傷等の対象にならないよう,十分な配慮?注意が必要です。

2. 具體的な対応方策

〈1〉 學生や教職員に感染者が発生した場合の措置

  • 學生ならびに教職員に感染者が発生した場合のフローを定め運用している。その際、大阪府および管轄保健所とも連攜し、當該感染者の行動履歴等の情報把握を行うなど適切な措置を講じる。

〈2〉 校舎內の消毒

  • 消毒に際しては、學校衛生マニュアルに記載の「(參考)消毒の方法及び主な留意事項について」を基に実施する。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 學生や教職員の感染が判明した場合には,醫療機関から本人(や保護者等)に診斷結果が伝えられるとともに,醫療機関から保健所にも屆出がなされます。學校には,通常,本人(や保護者等)から,感染が判明した旨の連絡がされることになります。
    感染者本人への行動履歴等のヒアリングは,保健所が行うことになります。また,保健所が大學等において,感染者の行動履歴把握や濃厚接觸者の特定等のための調査を行う場合には,必要な協力をお願いします。
  1. ?學生や教職員に感染者が発生した場合の措置
    また,學生の感染が確認された場合又は學生が感染者の濃厚接觸者に特定された場合には,學校衛生マニュアルを參照しつつ,各大學等において,當該學生に対し,學校保健安全法(昭和33 年法律第56 號)第19 條に基づく出席停止の措置をとること。また,感染者や濃厚接觸者が教職員である場合には,病気休暇の取得や在宅勤務等により,出勤させない扱いとすること。
  2. 校舎內の消毒
    學生等の感染が判明した場合には,保健所等と連攜して消毒を行うが,必ずしも施設全體について行う必要はなく,當該感染者が活動した範囲を特定して汚染が想定される物品(當該感染者が高頻度で觸った物品)を消毒用エタノールまたは0.05%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液により消毒するようにすること。
    また,癥狀のない濃厚接觸者が觸った物品に対する消毒は不要とされていること。なお,物の表面についたウイルスの生存期間は,付著した物の種類によって異なるが,24 時間から72 時間くらいと言われており,消毒ができていない箇所は生存期間を考慮して立ち入り禁止とするなどの処置も考えられること。
    大學の職員が自ら消毒を行う場合には,學校衛生マニュアルに記載の「(參考)消毒の方法及び主な留意事項について」も參照いただきたいこと。

〈3〉 臨時休業等の実施

  • 大阪府および管轄保健所と連攜し、當該感染者の癥狀の有無、學校內における活動の態様、接觸者の多寡、地域における感染拡大の狀況、感染経路の明否等を確認するフローを整備し運用する。臨時休業実施については、管轄保健所の調査結果等をふまえ、本學緊急対策本部にて適切に判斷し決定する。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 學生又は教職員の感染が判明した場合には,都道府県等の衛生主管部局と當該感染者の癥狀の有無,學校內における活動の態様,接觸者の多寡,地域における感染拡大の狀況,感染経路の明否等を確認しつつ,これらの點を総合的に考慮し,學校保健安全法第20 條に基づく臨時休業の必要性について,都道府県等の衛生主管部局と十分相談の上,実施の有無,規模及び期間を判斷すること。
  • なお,學校の臨時休業を行うのは,保健所の調査等により,感染者の學內での活動の狀況や地域の感染拡大の狀況を踏まえ,學內で感染が広がっている可能性が高いと判斷された場合であり,學內の感染拡大の可能性が高い範囲に応じて,全部又は一部の臨時休業を判斷することが適當であること(濃厚接觸者の特定に時間を要しない場合や,濃厚接觸者がいない等の場合においては,必ずしも臨時休業の必要はないこと)。

〈4〉 文部科學省への報告

  • 感染者の報告についても、文部科學省公立大學係へ報告する。

參考:文科省通知(抜粋)

  • 大學等において感染者が生じた場合にあっては,引き続き,その旨を文部科學省に御報告いただきたいこと。その際,當該感染者が外國人留學生や附屬病院の従業者等であったとしても,各學校の設置種別に応じて,文部科學省擔當課へ御連絡をいただきたい。

參考

「大學等における本年度後期等の授業の実施と新型コロナウイルス感染癥の感染防止対策について(周知)」(令和2年9月16日)については次のリンク先をご覧ください。

お問い合わせ

企畫総務課

Tel 072-254-9104
草蜢社区在线观看免费下载