大阪府立大學

中百舌鳥キャンパス內にて、新種の水生寄生バチを発見

更新日:2021年4月16日

大阪府立大學(學長:辰巳砂 昌弘)生命環境科學研究科 緑地環境科學専攻 平井 規央教授、大學院生(當時) 神野 哲行さんらの研究グループは、中百舌鳥キャンパス內にある池で、潛水することができる寄生バチを発見しました。Canadian National Collection of Insects、神戸大學などとの共同研究によって、このハチは新種であることが判明。日本で発見されたことと、水面にいるガの幼蟲を攻撃して産卵する様子が、日本を代表する怪獣「ゴジラ」がガの怪獣「モスラ」と戦い海面から出現する姿を彷彿させることから、「ゴジラコマユバチ〈學名:Microgaster godzilla〉」と命名されました。

ゴジラコマユバチ〈學名:Microgaster godzilla〉

ゴジラコマユバチ

潛水する、すなわち水生の寄生バチは非常に少なく、現在発見されている種のうち0.13%だけが、宿主を探す時に水に入ったり、幼蟲期に水生の宿主の體內で寄生蟲として水中で生活したりすることが分かっています。このゴジラコマユバチは生物學的にも形態學的にも非常に珍しい種で、成蟲が完全に水中に潛ることが確認されたのは世界で初めてです。

ゴジラコマユバチが寄生するのは、浮草を食べるガの一種「ヒメマダラミズメイガ」です。ゴジラコマユバチは水中で物につかまりやすいように、それに適した灣曲した長い爪を持っています。実験では、雌のゴジラコマユバチが浮草の上から觸角を使って、宿主となる水生のヒメマダラミズメイガの幼蟲を探索し(動畫)、見つけると水中に數秒間潛って幼蟲を水面上に引き上げ、すばやく産卵管を幼蟲に突き刺して産卵する(動畫)様子の撮影に成功しました。ゴジラコマユバチは宿主の體內で孵化し、成熟するまで過ごします。

本研究成果は、日本時間 2020年10月30日にInternational Society of Hymenopteraが発行する雑誌「Journal of Hymenoptera Research」にオンライン掲載されました。

論文タイトル「Microgaster godzilla (Hymenoptera, Braconidae, Microgastrinae), an unusual new species from Japan which dives underwater to parasitize its caterpillar host (Lepidoptera, Crambidae, Acentropinae)」

SDGs達成への貢獻

SDGs17「15:陸の豊かさも守ろう」

大阪府立大學は研究?教育活動を通じてSDGs17(持続可能な開発目標)の達成に貢獻をしています。

本研究はSDGs17のうち、「15:陸の豊かさも守ろう」に貢獻しています。

動畫

click image次のリンク先の”Download file”をクリックすると、動畫がダウンロードできます。

研究助成資金等

この研究は、日本學術振興會科研費(No. 19H00942)、およびカナダ農務省からのプロジェクト3199「“Systematics of beneficial arthropods in support of resilient agroecosystems” 回復力のある農業生態系を支援する有益な節足動物の分類學」によって部分的に支援されました。 また、本研究はCanadian National Collection of Insects、パナソニック株式會社(大阪門真市)、京都府立植物園の協力のもと、進められました。

関連情報

參考文獻

「そもそも寄生バチとは?」 前藤 薫(編著) 『寄生バチと狩りバチの不思議な世界』、一色出版、2020

お問い合わせ

大阪府立大學大學院 生命環境科學研究科 緑地環境科學専攻 環境動物昆蟲學研究グループ

教授 平井 規央

Eメール n_hirai[at]envi.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。

草蜢社区在线观看免费下载