大阪府立大學

3D立體映像の映寫に必要な「円偏光」の新たな発生法を開発―3D表示用有機ELディスプレイ等の製造コスト削減に期待―

更新日:2021年4月19日

大阪府立大學 大學院 工學研究科 教授の八木 繁幸、近畿大學 理工學部 応用化學科 準教授の今井 喜胤(よしたね)、大阪大學 大學院 理學研究科 化學専攻 講師の山下 健一らの研究グループは、3D立體映像を映し出す際に使われるらせん狀に回転しながら振動する光、「円偏光」を、白金錯體(解説1) に外部から磁力を加えるというこれまでにない方法で発生させることに成功しました。この方法を使うことで、円偏光発光體の製造コストを安く抑えることができるため、將來的に、3D表示用有機ELディスプレイ等の製造コストの削減や、高度な次世代セキュリティー認証技術の実用化などに繋がることが期待されます。

本件に関する論文が、2021年3月30日(火)に、アメリカの學術出版社Wileyが発刊する化學分野の學術誌“Chemistry-An Asian Journal”にオンライン掲載され、Cover Picture(表紙)に採用されました。

論文タイトル「Magnetic Circularly Polarized Luminescence from PtIIOEP and F2‐ppyPtII(acac) under North‐up and South‐up Faraday Geometries」

掲載論文「Chemistry-An Asian Journal 」

表紙に採用されたイラスト

「Chemistry—An Asian Journal」の表紙に採用されたイラスト

本件のポイント

  • 外部から磁力を加えることにより、室溫でアキラル(解説2) な白金錯體から円偏光の発生に成功
  • 加える磁力の方向を変えることで、円偏光の回転方向を制御し、右回転円偏光と左回転円
    偏光の両方を選択的に取り出すことに成功
  • 3D表示用有機ELディスプレイ等の製造コストの削減や、高度な次世代セキュリティー認証技
    術の実用化などに繋がることが期待できる

研究助成資金等

本研究は、科學研究費補助金 基盤研究(C)(課題番號 JP18K05094)、新學術領域研究(課題番號JP 19H04600, JP 20H04678)、國立研究開発法人 科學技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業CREST研究領域「獨創的原理に基づく革新的光科學技術の創成」(研究総括:河田 聡)研究課題「円偏光発光材料の開発に向けた革新的基盤技術の創成」(研究代表者:赤木 和夫)によって実施されました。

用語解説

解説1 白金錯體:

白金は、プラチナと呼ばれることもあり、単體では、白い光沢を持つ金屬として
存在する。寶飾品、觸媒、醫療分野など多方面で利用され、有機化合物と結合した錯體
は、発光體としても利用されている。

解説2 アキラル:

ある現象の鏡寫しの鏡像體が、元々の現象と重ね合わせることができる性質。

関連リンク

お問い合わせ

大阪府立大學 大學院 工學研究科 教授 八木 繁幸

Eメール yagi[at]chem.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。
草蜢社区在线观看免费下载