大阪府立大學

本學の環境への取り組みが「ゴールドレート」と認定

更新日:2021年4月19日

本學では、學域生対象の副専攻「環境學」、博士前期課程學生対象の「國際環境活動プログラム」等をはじめとする持続可能な社會に貢獻する環境人材の育成や、學生と教職員の協働による環境報告書の作成、省エネ?廃棄物対策の推進、クラブ活動における環境保全活動やキャンパス?ビオトープ推進活動等、數多くの環境活動を積極的に行っています。

2021年3月、サステイナブルキャンパス推進協議會(CAS-Net JAPAN)の「サステイナブルキャンパス評価システム(ASSC)」において、本學におけるこれらの環境への取り組みが「ゴールドレート」であると認定されました。

サステイナブルキャンパス評価システム(ASSC)とは、「運営」「教育と研究」「環境」「地域社會」の4部門に計170の評価基準があり、それらの得點率によって「プラチナ」、「ゴールド」の認定がなされます。

本學は350.5點中233.16點を獲得し、総合得點率は67.3%でした。この認定は2021年3月5日より3年間有効で、前回の2016年、2018年の認定に続き、3期連続の認定となりました。

認定書

2020年度 ゴールド認証校(計3校)

  • 國立大學法人 北海道大學
  • 國立大學法人 巖手大學
  • 公立大學法人大阪 大阪府立大學

サステイナブルキャンパス推進協議會(CAS-Net JAPAN)とは

大學キャンパスにおいて、省エネルギー、CO2削減、交通計畫、廃棄物対策等のハード面の環境配慮活動を促進するとともに、環境教育?研究、地域連攜、食の課題、運営手法等のソフト面の取組も並行して実施するサステイナブルキャンパスの取り組みを推進し加速させ、かつ諸外國の先進的なネットワークとも連攜し、我が國における持続可能な環境配慮型社會の構築に貢獻することを目的に、2014年3月に大學や大學に関係する団體等により設立されたもので、京都大學が事務局を務めています。

SDGs達成への貢獻

SDGs17のアイコン大阪府立大學は研究?教育活動を通じてSDGs17(持続可能な開発目標)の達成に貢獻をしています。

本研究はSDGs17のうち、「17:パートナーシップで目標を達成しよう」に貢獻しています。

関連情報

お問い合わせ

企畫総務課

Tel 072-254-9104
草蜢社区在线观看免费下载