大阪府立大學

LAC-SYS研究所の獨自技術である「光濃縮」に関する産學連攜の共同研究の成果をもとに村田製作所がオープンイノベーションを加速

更新日:2021年4月30日

本學 研究推進機構 21世紀科學研究センター LAC-SYS研究所(所長:飯田 琢也、副所長:床波 志保、所長補佐:中瀬 生彥)が保有する「光濃縮技術」を用いて2019年に共同開発を行った「ポータブル光濃縮システム」をもとに、株式會社 村田製作所が、さらなる実用化をめざして食品検査市場、臨床検査市場においてオープンイノベーションを推進します。

LAC-SYS研究所の獨自技術である光濃縮システムは微生物やウイルスを含む多様な生體サンプルを濃縮して反応加速する技術です。共同開発した「ポータブル光濃縮システム」は食品分析センターや醫療機関において數日を要している細菌などの微生物検査の迅速化?高感度化を提供し、その攜帯性を活かして空港や駅などの公共エリアにおけるバイオテロの未然防止など、さまざまなシーンでの活用も期待できます。

関連リンク

お問い合わせ

大阪府立大學 LAC-SYS研究所

所長 飯田 琢也

Eメール t-iida[at]p.s.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。
草蜢社区在线观看免费下载