経済學研究科 サテライト教室入學案內2021
13/16

サテライト教室の授業では、租稅法をはじめ、財務會計、管理會計、國際法務など、様々な學問分野を基礎から學ぶことができました。授業で與えられた課題に対して、先行研究や判例を調査し、授業で報告を行い、教授や異なる業界の學友達と意見を交わすことで、多くの新たな気づきを得ることが出來ました。國際稅務の分野は、國內の法律だけでなく海外の法律?制度なども関連してくるため、幅広い分野から學ぶ必要がありましたが、サテライト教室でのすべての學びは、自身の研究や仕事に直結して役立つものばかりでした。VOICE(先輩からのメッセージ)グローバル展開企業ならではの國際稅務の知識が必要だった研究活動には多くの困難が伴い、社會人と學生の両立を行う中で追い込まれる局面が必ず出てくると思います。しかし、それを覚悟して入學されてくる方を、サテライト教室は徹底的にサポートしてくれますし、同じ覚悟をもって入學してくる學友達と勵まし、協力し合うことで必ず乗り越えられます。サテライト教室には、質の高い授業はもとより、異業種の方々との出會いなど、ここでしか得られない貴重な経験が限りなくあります。多くの方に、長いようで短いこの2年間の挑戦に、ぜひ一歩踏み出して頂きたいと思います。自社は、製造拠點をグローバルに展開しており、海外子會社とのグループ會社間取引も増加しています。國境を越えた取引は、所得を別の國に移すこととなり、雙方の國の課稅當局が同一所得に課稅する二重課稅のリスクが生じます。私自身は稅務知識が乏しかったため、二重課稅の問題に対応するためにも國際稅務の専門性を身につける必要性を感じていました。このサテライト教室では、體系的に稅務知識を學ぶことができ、また國際稅務の専門的研究が行えることを知り、大阪府立大學大學院を志願致しました。研究活動には多くの困難が伴うが、徹底的なサポートで、必ず乗り越えられる神農敬太大學卒業後、総合電機メーカーに入社し、決算業務を擔當して7年になる。博士前期課程 経営學専攻(法學分野) 2019年3月修了長いようで短い、2年間で得た経験は、限りなく実質的なものだった。稅務に限らず、異業種の學友との交流は、仕事に直結するものばかりだった0712OSAKA PREFECTURE UNIVERSITY Graduate School Guide 2021

元のページ 

page 13

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です

草蜢社区在线观看免费下载