経済學研究科 サテライト教室入學案內2021
3/16

基本理念01大阪府立大學の基本理念「高度研究型大學 ─世界に翔く地域の信頼拠點─」を基に、経済學研究科博士前期課程では、経済學、経営學、法學、および観光學の高度な理論的?実証的な教育研究活動を通じ、グローバルな経済社會に貢獻できる実踐的?創造的能力を備えた研究者および高度の専門的職業人を育成します。特に、サテライト教室では、これらの教育目的を達成するために、社會での経験を基礎に専門的職業人として諸問題の解決に必要な高度な専門知識を學んでキャリアアップを図る社會人の教育研究の機會を提供します。大學院経済學研究科は、當初から修士課程(現、博士前期課程)および博士課程(現、博士後期課程)を備えた研究科として昭和34(1959)年4月に設立されました。大學院経済學研究科の設立生涯教育等の社會の要請に応えるため、博士前期課程では平成6(1994)年度から、博士後期課程では平成8(1996)年度から、社會人特別選抜制度を設けて、中百舌鳥キャンパスにおいて社會人を受け入れてきました。これによって高度の専門的知識を習得する必要性を実感する社會人に門戸を開放し、大學と社會の交流、大學院の活性化を図ってきました。社會人特別選抜制度の創設※平成29(2017)年度より、サテライト教室における経済學専攻(「公共政策」學習プログラム)の募集を休止しました。サテライト教室では、平成17(2005)年度から経営學専攻に「戦略経営?法務」學習プログラムを創設しました。修了者には修士(経営學)MBAの學位が授與されます。また、観光?地域創造専攻を平成25(2013)年度に創設し、平成30(2018)年度に経営學専攻の一分野に再編しました。再編後の観光?地域創造分野「地域文化プロデュース」學習プログラムの修了者には修士(學術)の學位が授與されます。社會人プログラムの創設サテライト教室での夜間と週末開講の開始博士前期課程の目的大阪府立大學は、明治16(1883)年に開設された大阪獣醫學講習所をルーツとする130年以上におよぶ長い歴史をもち、昭和24(1949)年に浪速大學として、産業に関する學術の中心として文化の向上と産業の発展に寄與するという実學指向の大學として発足しました。経済學部は昭和29(1954)年に産業大學としての使命を達成するために創設されました。昭和30(1955)年に大阪府立大學と改稱され、學術文化の中心的役割を擔う開かれた教育研究機関として、広い分野の総合的な知識を授けるとともに、深く専門の學蕓を教育研究し、併せて創造的な知性と豊かな人間性を備え、応用力と実踐力に富む有為な人材の育成を図ってきました。平成17(2005)年4月には、大阪女子大學?大阪府立看護大學と再編統合し、公立大學法人化しました。平成31(2019)年4月には、舊公立大學法人大阪府立大學と舊公立大學法人大阪市立大學の新設合併により、大阪府立大學、大阪市立大學及び大阪府立大學工業高等専門學校を運営する公立大學法人大阪が設立され、新たなスタートを切りました。歴史と伝統しかし、中百舌鳥キャンパスでの大學院で、仕事をもつ社會人が學ぶには勤務等との関係で限界があるため、大阪難波にあるオフィスビル內にサテライト教室を設置し、平日夜間と土曜日の開講を平成13(2001)年4月から開始しました。そして、平成14(2002)年10月になんばパークスにサテライト教室を移転しました。また、平成25(2013)年度には、本學の共同利用施設として開設されたI-siteなんばに新たなサテライト教室を増設しました。また、平成29(2017)年度には、サテライト教室をI-siteなんばに統合しました。これらの改革によって、會社員、公務員、経営者、醫療関係者、教育関係者、國家資格を有する専門家など多様な職業の社會人が働きながら學び、2年間の標準修業年限で修士の學位を取得できる環境がさらに充実しました。これまでに18期合計530名が修了してキャリアアップを果たし、令和2(2020)年4月現在は、1年生19名、2年生29名がサテライト教室で學んでいます。2OSAKA PREFECTURE UNIVERSITY Graduate School Guide 2021

元のページ 

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です

草蜢社区在线观看免费下载