大阪府立大學

學生目線で作成した「大阪府立大學環境報告書」を発行

更新日:2019年11月12日

大阪府立大學では、2012年度から學生が作成?編集を行う環境報告書を発行しており、この度、「大阪府立大學環境報告書(2019年度版)」を発行しました。

環境報告書は「環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律」(環境配慮促進法)に基づき発行するものです。本學の學生団體「環境報告書作成學生委員會」(E(え)~きゃんぱすの會)が原稿の作成?編集を行っていることを最大の特長としており、この學生団體が學內外で行っている環境活動や地域の方々と協働している活動の紹介を中心に據えるなど、學生目線で制作しています。

環境報告書の表紙「2019年度版」は、2018年度における本學の社會的責任USR(University Social Responsibility)に関する活動の成果を取りまとめ、外部評価を得て公表することとなりました。全4章、55ページの構成となっています。

2019年度版の特徴は、學生らしく難しい內容をわかりやすく説明する等の工夫に加え、各記事とSDGs(持続可能な開発目標)との関わりを強調するために、すべての記事にSDGsのアイコンを付しています。また、外部評価は5機関(大阪府立環境農林水産総合研究所、堺市、大阪市立大學、関西電力、大阪ガス)の協力を得ました。

(參考)環境配慮促進法では、環境報告書の発行が國立大學は義務付けられていますが、公立大學は努力義務になっています。

目次

  • 第1章 環境活動
  • 第2章 環境研究?環境教育
  • 第3章 環境パフォーマンス
  • 第4章 環境マネジメント

E~きゃんぱすの會 代表のコメント

吉田 拓矢さん (工學域 電気電子系學類 電気電子システム工學課程 4年)

2019年度も學生が中心となって、環境報告書を作成することができました。

実際に作成する中で、環境に関する研究を行っている教授、職員の方々や學生など、様々な人と関わりを通して、環境問題の解決に向けて多くの人が強い思いを持って活動していることを感じました。この環境に対する思いが少しでも伝わるように読みやすく理解しやすい編集を心がけました。

これからも、學生主體である特徴を生かして活動し、多くの方々に環境報告書を読んでいただくことを目標に取り組んでいきます。その結果、1人でも多くの方が環境について考えるきっかけになることができたら、非常に嬉しく感じます。

E~きゃんぱすの會について

環境報告書の作成を行う學生団體。同書の作成を通じて、「環境」をアピールポイントとする本學のさまざまな取り組みを発信しています。また學生の「巻き込み力」「立場」を活かし、環境に配慮したキャンパス作りをめざす活動も行っています。

「大阪府立大學環境報告書」作成のこれまでの経緯

  • 2005年4月
    (環境配慮促進法が施行)公立大學は努力義務にとどまることもあり、大阪府立大學ではしばらくの期間、環境報告書を発行していない狀態が続く。
  • 2010年度後半
    この狀態に危機感を持った學生有志が「學生で環境報告書を作ろう」と立ち上がり、21世紀科學研究機構エコ?サイエンス研究所(現?研究推進機構環境教育研究センター センター長 兼 人間社會システム科學研究科 教授 大塚 耕司)に申し入れ。學內の環境対策の推進について検討していた教職員側とも意見交換。
  • 2011年4月
    エコ?サイエンス研究所內に「環境報告書作成學生委員會」を設置。愛稱を「E~きゃんぱすの會」、マスコットキャラクターを「ぷろせすたん」とする。
    學生自らが、環境に関するデータの収集解析、環境活動を行う學內外の関係者へのインタビュー等を進め、原稿作成を開始。
  • 2012年9月
    「大阪府立大學キャンパス環境対策推進會議」(議長 理事長)の承認を得て、初號として「大阪府立大學環境報告書(2012年度版)」を発行。
  • 2013年8月
    E~きゃんぱすの會が「おおさか環境賞」準大賞を受賞。
  • 2013年9月
    2013年度版を発行。表紙は美術部翠陵會が協力。(以降、毎年度表紙は學生が擔當)
  • 2016年2月
    サステイナブルキャンパス推進協議會(CAS-Net JAPAN)の「サステイナブルキャンパス評価システム」により、大阪府立大學はゴールドレートに認定。
  • 2016年10月
    大學改革により「大阪府立大學キャンパス環境対策推進會議」が廃止されたため、「企畫?戦略會議」(議長 理事長)に諮って2016年度版を発行。
  • 2019年11月
    「大學執行會議」(議長 學長)に諮って8冊目となる2019年度版を発行。

SDGs達成への貢獻

大阪府立大學は研究?教育活動を通じてSDGs17(持続可能な開発目標)の達成に貢獻をしています。

本書はSDGs17のうち、「1:貧困をなくそう」「2:飢餓をゼロに」「3:すべての人に健康と福祉を」「4:質の高い教育をみんなに」「5:ジェンダー平等を実現しよう」「6:安全な水とトイレを世界中に」「7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「8:働きがいも経済成長も」「9:産業と技術革新の基盤をつくろう」「10:人や國の不平等をなくそう」「11:住み続けられるまちづくりを」「12:つくる責任 つかう責任」「13:気候変動に具體的な対策を」「14:海の豊かさを守ろう」「15:陸の豊かさも守ろう」「16:平和と公正をすべての人に」「17:パートナーシップで目標を達成しよう」に貢獻しています。

関連情報

お問い合わせ

大阪府立大學 研究推進機構 環境教育研究センター(擔當 北田?山本)

Tel 072-254-9397
草蜢社区在线观看免费下载