大阪府立大學

資源循環型社會へのカギはミミズが握る! ミミズ堆肥化技術による給食殘渣のリサイクルに成功

更新日:2021年7月1日

大阪府立大學大學院 生命環境科學研究科の白柿 薫平さん(博士後期課程修了生 システム発想型學際科學リーダー養成學位プログラム第4期修了生、現在 東京大學 農學生命科學研究科 特任研究員)、橋本 舜平さん(博士前期課程修了生、現在 名古屋大學大學院 生命農學研究科 博士後期課程3年生)らの研究グループは、生命環境科學研究科 東條 元昭教授のアドバイスのもと、ミミズ堆肥化技術を用いて、學校給食における殘渣(食べ殘し)の堆肥化に成功し、さらに、化學成分分析や細菌叢解析などによりその有用性を明らかにしました。

説明図

図 給食殘渣を利用したミミズ堆肥の作成と堆肥化の過程

給食殘渣の多くは通常、焼卻処分されていますが、本成果により、ミミズ堆肥として新たに農業や教育現場において再利用できる可能性が示されました。

なお、本研究成果は、日本時間2021年7月1日(木)に、國立研究開発法人 國際農林水産業研究センター(JIRCAS)が刊行する國際誌「Japan Agricultural Research Quarterly (JARQ)」に掲載されました。

論文タイトル「Chemical and Microbiological Evaluation of Vermicompost Made from School Food Waste in Japan」

SDGs達成への貢獻

SDGsアイコン畫像

大阪府立大學は研究?教育活動を通じてSDGs1(持続可能な開発目標)の達成に貢獻をしています。

本研究はSDGs17のうち、「1:貧困をなくそう」「2:飢餓をゼロに」「3:すべての人に健康と福祉を」「9:産業と技術革新の基盤をつくろう」「15:陸の豊かさも守ろう」等に貢獻しています。

研究助成資金等

本研究の一部は第5回(平成30年度)ヤンマー資源循環支援機構助成金(代表 白柿 薫平)および文部科學省 博士課程教育リーディングプログラム「システム発想型學際科學リーダー養成學位プログラム」からの支援を受けて行われました。また、本研究は、大阪府教育庁教育振興室 保健體育課 保健?給食グループおよび大阪府立藤井寺支援學校の協力のもとで行われました。

システム発想型學際科學リーダー養成學位プログラム

大阪府立大學と大阪市立大學が共同実施している5年一貫性の博士學位プログラムで、「ことづくり」の発想から深い物質科學の素養を生かすことができ、階層融合的な研究戦略を想起できる「システム発想型」物質科學リーダーを養成することを目的としています。

関連情報

お問い合わせ

大阪府立大學 大學院 生命環境科學研究科

教授 東條 元昭

Tel 072-254-9411 Eメール tojo[at]plant.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。
草蜢社区在线观看免费下载